悪魔狩人・桐嶋ローダversus日帝守護組織やたがらす

PS2ソフト『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の考察、二次創作イラストなど。このブログは個人のファンサイトでありゲームメーカー様とは一切関係ありません。

台湾への空襲もライドウとヤタガラスのせい…

f:id:kirishimaloda6915:20220317212300j:plain

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

AUTOMATONより。コメントも付けた。

サバイバルゲーム『台北大空襲』正式発表。第二次世界大戦・日本統治末期の台湾で、逃げ惑う人々を過酷に描く - AUTOMATON

おわー、凄そうなゲーム! しかし日本のネトウヨは「反日ゲーム」と攻撃して来そうだよな(笑)! むしろネトウヨに嫌われるゲームをもっと出すべきだろう。

2022/03/17 18:02

『台北大空襲』(Steam。Mizoriot Creative Company)なる台湾のゲーム…、太平洋戦争末期の台湾の話か…。日本の軍人も出てくるようだが、やはり悪人として描かれるのだろうか。かなりグロテスクな描写が多いようだから、私は買わないけど…。グロは苦手なんだよ…。

もしも『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)の世界と繋がっていたとしたら、台湾が空襲に遭ったのは天皇と国体守護組織「超國家機関ヤタガラス」(ヤタガラス)が天皇を護り、天皇による台湾の植民地支配と「聖戦」(天皇の戦争)を支持してきたことと、実質的にはヤタガラスの配下であるライドウの責任でもあるわけだが。

これも貼っておこう。電ファミニコゲーマーより。

第二次世界大戦末期の台湾を舞台とするゲーム『台北大空襲』が現在開発中。無差別爆撃を生き残った少女「清子」を主人公に過酷な戦時中の雰囲気をリアルに描く

凄いゲーム(笑)。ネトウヨには嫌われそうだな! 台湾は親日とか思い込んでるネトウヨは特に。でも台湾人は日本に支配された時代を忘れた訳じゃないから!

2022/03/17 18:52